お尻がでかいのがコンプレックスだったけどホントは大きい方がいい?

にがねについて

腫れものという意味の臀部等に出来る吹き出物のことを長崎地方の方言でにがねと言います。言葉の語源は定かではありませんが、長崎県の人たちに広く使用されている言葉だそうです。

 

にがねとはお尻に出来る吹き出物のことと同じなので出来る原因や治し方は吹き出物と全く同じです。お尻に出来る吹き出物なので、個人差はありますが、にがりが出来るとひどい痛みを生じたり炎症を起こしてしまって、中に膿を生じて座ることも出来ないほどに痛むようにもなります。

 

にがねと下着について

お尻はいつも下着による摩擦を受けて皮膚が擦れることが多く、さらに座ったり寝そべったりしてお尻に圧力が掛かったり、下着を付けているので下着が汗などで蒸れてにがねが出来たり、汗をかいてもそのままでいることが多いので雑菌が繁殖したりしてお尻のぶつぶつがひどくなることがあります。お尻は顔などと違ってすぐに汚れを落としたり、汗で蒸れた下着などを取り替えることが出来ないのでお尻の部分への清潔がとても大切になります。

 

下着のムレの対策として、綿素材のものなどお肌に優しい天然素材の通気性のよいものを選んで着用するようにしましょう。
なかなかにがねが治らない時や炎症を起こしてしまった時などにはきちんと医療機関での診療を受けましょう。