お尻がでかいのがコンプレックスだったけどホントは大きい方がいい?

お尻が大きいのはいいこと?

幼い頃からお尻が大きくて、ズボンをはいてもお尻でつっかかって
一つ上のサイズのズボンを買わなくてはいけないという生活を送っていました。
大きなお尻は私にとってはコンプレックスでお尻の小さい女の子を
うらやましいと思っていました。
祖母も母親もお尻が大きいのでおそらく私もそれが遺伝しているのだと思います。
お尻について悩んでいる私に祖母は子供を産むときにお尻が大きいほうが
良いといわれましたが、十代だった私にとって褒め言葉にもなりませんでした。

 

しかしながら、ある時整骨院にいったところ
先生からよいお尻をもっていますねといわれました。
先生が言うには、足を骨盤とつないでいる筋肉がお尻の筋肉で
その筋肉が発達していないと年齢と供に歩行が困難になるといわれました。
さらにお尻が大きいことは重心が安定しているから長時間歩いても疲れにくいんだそうです。
日本人特有の体型だそうで、足腰の強い田舎の人はお尻が大きいのだそうです。

 

確かに、長時間歩いていても疲れにくいなと思っていました。
もともと私の祖母は田舎の生まれなので田舎の農耕生活に適応した
足腰の遺伝子が私にも受け継がれているんだなと思いました。
さらに大きさは小さくしようもないけれど
せめて見栄えは綺麗にしたいと思い、お尻のケアも始めました。

 

下着を肌への刺激の少ない綿100パーセントのものにしたり
お風呂に入った時はシルク100パーセントのタオルで
洗うようになりました。お風呂上りに上に向かってマッサージしてあげると
お尻がピンと上に向いて大きさも多少引き締まりました。
大きいお尻はコンプレックスですが、これも先祖からのプレゼントだろうと思って
あまり気にせずにお尻を大事にしていくことにしました。

更新履歴